テレワーク6年目の私がオススメ!家で仕事する時のオススメアイテム6選!

スポンサーリンク

どうも、まるすけです。

以前から働き方改革の一環として在宅での勤務、いわゆる「テレワーク」というものが推奨されてきました。

とはいえ、実際にテレワークをしていた人は少なかったと思います。

ところが今回のコロナウィルス騒動で「企業から在宅勤務を指示された」という人は増えています。
できる業種、できない業種があるとは思いますが皆さんの周りはどうでしょうか?

私は福祉という仕事柄、完全なテレワークというのは出来ないのですが、
副業として2015年の5月からパソコンを使った在宅ワークをしています。
(会社も了承済みです)

おかげ様で、毎年副業分だけで確定申告が必要なぐらいは稼がせていただいてます。

そんなテレワーク6年目の私から皆さんに、
「家で仕事する時のオススメアイテム」
を紹介したいと思います!

①イヤホンもしくは耳栓

つい先日、会社からテレワークを指示された友人からこんなLINEが届きました。

「部屋に誘惑が多すぎて集中できん!」

…分かります(^-^;)
漫画とかスマホ、ゲーム機、テレビなど、普段の仕事場には絶対置いてないものが部屋にはありますもんね。

だからよく聞かれるのが
「職場じゃないと集中できない!」
というもの。

そこでオススメなのが「イヤホン」もしくは「耳栓」です。

外からの音を遮断して、自分1人の世界に入れるのがポイントで、私の場合かなり集中できます。
好きな音楽を聴きながらでもいいですし、耳栓で完全に音をシャットアウトしてもよし。
集中力が段違いにアップします。

身体をケアするアイテムも必須

テレワークが可能な職種という事は、パソコンは必須ですよね。

私もそうですが、ずっと家のパソコンの前に座って仕事をしていると職場の比じゃないぐらい疲れます。
なんなんでしょうね、あれ…(-_-;)
人から見られていないからでしょうか。

特に疲れるのが目、肩、手首、腰。

という事で、次はそんな身体をケアしてくれるアイテムを部位ごとに紹介していきます!

②目の疲れにはブルーライトカットの商品を

パソコンを使用するので目をケアしてくれるアイテムは必須です。

そんな中オススメなのが、こういうブルーライトをカットしてくれるメガネ。

ブルーライトは、よく「視力が低下する」「目が疲れる」原因と言われますよね。
そういった症状を緩和してくれるのに大変役立ちます。

私の場合、まぶたがピクピク痙攣するのが減ったのと、頭痛が減ったかな?と感じています。
※あくまで個人の感想です。

あわせてオススメしたいのが、夜、寝る時に使用する「蒸気でホットアイマスク」

使う前は怖かったんですが、いざ使ってみたらじわ~~っと温まってきて気持ち良かったですよ♪

③肩の疲れには血行を促進してくれる入浴剤

続いて肩。

肩の疲れ、肩こりはパソコン作業をしている人の職業病ですね…。
血行が悪くなると頭痛も起きやすくなります。

そんな肩の疲れには磁気ネックレスなどの力で血行を良くする方法が有名ですよね。
ただ、人によっては「効果が感じにくい」という事もよく聞きます。

そこでオススメなのがこのような入浴剤。

なんと100個もの入浴剤が福袋として販売されています( *´艸`)

「今日はどんな入浴剤にしようかな?」
と思いながら仕事すれば、テレワークのモチベーションもアップしますよ♪

④手首の疲れにはリストレスト一体型マウスパッドがオススメ

パソコン作業においてマウス操作は必須ですよね。
こちらも長時間使っていると手首が疲れてきます。

そこでオススメなのが手首の疲労を軽減してくれるマウスパッド。

手首の乗る部分が低反発のクッションになっています。
これにより手首への負担もかなり軽減されるので、長時間作業しても腕や手がラクです♪
裏面に滑り止め加工もされているので動く心配もありませんよ♪

⑤腰への負担を軽減してくれるのはジェルシート

私は20代の頃から何度もギックリ腰を経験している、筋金入りの(?)腰痛持ち(^-^;)
なので普段から腰にはあまり負担をかけないようにしています。

職場と家の作業で大きく違ってくるものの1つに「椅子」が挙げられます。

友人からのLINEに
「在宅勤務すると、会社の椅子がいかに良いかがわかる…」
「会社の椅子が良すぎて、在宅やると腰が崩壊する…」
といったものがありました(笑)

とは言っても、会社で使っているオフィスチェアを家に購入するのはちょっと現実的ではないですよね。

そこでオススメなのが、通販でもおなじみのジェルクッション。

ハニカム構造なので通気性もバッチリ。
高弾性ゲルが座った時の圧力ポイントをしっかり吸収し、腰への負担を軽減してくれます。

洗濯可能なカバーもついているので衛生面でも安心です。

⑥適度な「仮眠」

アイテムではないですが、大事なポイントなので(笑)

家で作業している時の天敵、それは「睡魔」です(;´∀`)

職場なら他の人の目もあるし、自然と緊張感を持って仕事していると思うんですよ。
でも普段生活している自分の家となると、ついつい気が緩んでしまうんですよね。

その状態で頑張って仕事を進めると…。

誰もが経験あると思うんですが、学生のころ授業中に眠くなっちゃって、でも何とか起きてようと頑張ってはみるものの、気がついたらワケわかんない文字をノートに書いてて、見返してみたら「まるで暗号だった」なんて事(笑)
まさにアレと同じ現象が起きます(^-^;)

学生と違ってこちらは社会人ですから、そんな仕事じゃダメですよね!

そこで効果絶大なのが「仮眠」

ポイントは15~20分ぐらいの短い時間にする事。
家だからつい長い時間寝てしまいがちですが、そこはアラームをしっかりかけて。

あとはゆったりとした部屋着ではなく、外に出ても恥ずかしくないような服装で仮眠するのも大事です。
あくまで仕事中ですからね(^-^;)

実際やってみると、起きた時は正直眠いです(-_-;)
でも「もっと寝たい」と思う気持ちをグッとこらえて起きましょう。

効果を感じるのは作業を始めてからです。
さっきまでとは段違いに集中力がアップして、それが持続します!

油断してると1日なんてあっという間に終わります(笑)
ぜひ、在宅というメリットを活かして効率よく仮眠をとりましょう!

ネット上ではどんなものがオススメされている?

と、ここまで私のオススメアイテムを紹介してきました。

ではネット上ではどんなアイテムがオススメされてるのでしょうか?
ちょっと見てみましょう♪

なるほど、Web会議でスマホを固定するのに三脚は便利ですね!

Web会議アプリケーションの「ZOOM」や「Chatwork」などのクラウド型ビジネスツールも便利ですよね。
私も「Chatwork」は何年も使ってますが、相変わらず便利だなぁと思います。

カメラ映りが心配な人は、

こういうアイテムで見映えをよくするのもいいかもしれませんね(≧▽≦)

まとめ

以上「家で仕事する時のオススメアイテム」でした!

テレワーク、始めたばかりの方はよく分かると思いますが、在宅勤務は
「自分との戦い」
でもあります(^-^;)

いかに集中して、職場にいる時と同じパフォーマンスができるか。

今回紹介したアイテムがお役に立てれば幸いです♪

お読みいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です