車のナンバープレートっていつから使われてて誰が作ってるの?

スポンサーリンク

どうも、まるすけです。

今の車を購入してそろそろ7年という事で、このたび家の車を買い替える事になりました(#^.^#)
我が家は住んでいる土地柄、小回りがきく軽自動車の方が良いので毎回軽自動車を選択しています。

そんな車の購入に関していろいろな手続きをしている時、ふと疑問に思った事―。

それは
【車のナンバープレートっていつから使われてて、そもそも誰が作ってるんだ?】
という事。

どんな車にも必ず付いているナンバープレート。
こういう時じゃないとなかなか気にならない事なので、せっかくだから調べてみたいと思います!

ナンバープレートの歴史

世界で初めてナンバープレートが登場したのは1800年代後半のアメリカ。

当時は車ではなく馬車の所有者を証明するためのものでした。

今のナンバープレートも、付ける理由は
「その車が自動車登録ファイルに登録されている証明」
つまり
「ナンバープレートだけで所有者の氏名および住所が確認できますよ」
という事なので、当時も今もその目的は同じですね。

それから間もなくして、いよいよ自動車にもナンバープレートをつけるようになっていきます。
イタリアで1897年、フランスでは1901年から自動車にナンバープレートを付けるようになりました。

そして、私たちの住む日本で最初にナンバープレートを付けるよう義務付けられたのは1907年。
明治40年の事でした。
今のように土地やひらがなの表記はなく4桁もしくは5桁の数字のみのプレートで、しかも各自が手書きで書いていました。

なぜ土地の表記がなかったかというと、このルール、適用されたのが東京限定だったから。
東京でしかナンバープレートを付けないのなら土地の表記はいらないですよね(^-^;)

今のように全国でナンバープレート装着が義務となったのは、それより約10年後の1919年からでした。

ちなみに、ナンバープレートに土地の表記が入るようになった1919年から1987年までは

・札幌→札
・岩手→岩
・埼玉→埼
・栃木→栃
・岡山→岡
・熊本→熊

といったように、土地名は「1文字」で表記されていました。
このプレートの事を「地名1文字ナンバー」と呼ぶそうです。

ナンバープレートの色はどうやって決まった?

車を購入された事がある方はよくご存じかと思いますが、ナンバープレートの数字って自分で決められるんですよね。

今回も希望の数字をディーラーさんにお伝えしていたら
「今なら東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートというものも選べますよ」
と言われました。

詳しく聞いていくと、特別仕様プレートなら軽自動車であっても白地のナンバープレートが付けられる(!)という事らしいです。
↓プレートの一部にオリンピック・パラリンピックのロゴを入れる事で可能になるんだとか。

https://twitter.com/ysn_hsn_F1/status/1156911013150674946?s=20  

今まで黄色ナンバーというだけでよく「あおり運転」の被害にあったり、父親世代から小バカにされていたので「それは良い!」と、迷う事なく注文しました(*^_^*)

では、そもそもなぜナンバープレートの色が分けられているのか?

現在ナンバープレートの色は以下の4種類に分けられています。

・・・自家用自動車
・・・自家用自動車
・・・事業用自動車
・・・事業用自動車

このように4つの色に分ける事で、その車の使用目的や車種といったものを区別・識別できるようにしています。

軽自動車のナンバープレートが黄色になった理由を調べていくと、今から約45年前の1975年ごろまで遡ります。

当時、高速道路における軽自動車の制限速度は時速80キロ。
これは普通車より20キロ遅い設定でした。

そういった車をすぐに識別できるように軽自動車のナンバープレートを黄色にしていた、という事です。
今は普通車も軽自動車も同じ制限速度なので、絶対に色を分けなくてはいけないという必要がなくなったため、今回の特別仕様プレートのような事が可能になりました♪

誰が作ってるの?

さて、最後の疑問。

あのナンバープレートは誰が作ってるんでしょう??

国土交通省のホームページを見てみると
「自動車登録番号標(ナンバープレート)は、国土交通大臣又は国土交通大臣が指定した交付代行者が交付を行うこととなっています。」
とありました。

この交付代行者は全国に52法人あり、そこからそれぞれの法人が製造メーカーにナンバープレートの製造を委託しているそうです。
もちろんこの製造メーカーについても国土交通省への届け出が義務付けられています。

そうしないとメーカーごとに品質のバラつきが出ちゃいますもんね(-_-;)

なので、答えとしては
「国が認めた交付代行者が製造メーカーに委託して作っている」
という事でした。

まとめ

以上、車のナンバープレートについて調べてみました!

調べていくうちに、ますます今回購入した車が特別仕様のプレートで届くのが楽しみになりました(*^_^*)

皆さんの、ちょっとした会話のネタになれば幸いです♪

今回もお読みいただきありあがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です