「6Pチーズ」の読み方って「ロクピー」じゃなくて「ロッピー」なの?

スポンサーリンク

どうも、まるすけです。

お子様から大人まで幅広い人気を誇る雪印のロングセラー商品「6Pチーズ」

皆さん、この商品名ってどう読んでますか?

私は子供のころから
ロクピーチーズ」
だったんですが、この前ふと商品の箱を見たら小さく
ロッピーチーズ」
と…( ゚Д゚)

え?ロクピーチーズじゃないの??

という事で、今回はそんな「6Pチーズ」の名前や歴史の事について調べていきたいと思います!

「ロッピー」の名称を使えるのは雪印だけ

あまりにも有名な「6Pチーズ」という名前。

ですが、この「6P」と「ロッピー」を組み合わせた文字は雪印乳業によって商標登録されています。

つまり雪印乳業以外のメーカーさんが「ロッピー」という名前をチーズの商品名に使うと商標権侵害になる恐れがある、という事です。
※「6P」という表記はどのメーカーさんでも使用可能です。

どれどれ…?と思って他メーカーさんのチーズを調べてみました。

【クラフト(森永乳業)】カマンベール入り6P


【小岩井乳業】クリーミーチーズ 6P


【Q・B・B】六甲バター チーズデザート6P


ホントだ…!どの商品もパッケージに読み方についての記述がない…。

「6Pチーズ」と書いて「ロッピーチーズ」と読んでいいのは雪印のチーズだけなんですね( ゚Д゚)

ロッピーチーズの歴史

では、そんなロッピーチーズの歴史について調べてみましょう。

現在の商品デザインで発売されたのが1954年。
容量は170グラム、価格は160円でした。

当時の銀行員大卒初任給が5,600円だった事を考えると、かなりの高級品ですね…!

ちなみに、1954年以前は缶に入っていて「6Pチーズ」はあくまで愛称でした。

そんな6Pチーズが人気商品となった大きなきっかけ。
それは
「学校給食に採用された」
という事。

採用された理由としては、その「栄養価の高さ」「食べやすさ」が、学校給食にピッタリだったから。
給食で食べていた物って記憶に残っていますよね(#^.^#)

これにより、自然と人々の意識の中に「6Pチーズ」が浸透していったというワケです。

雪印さんの公式Twitterでも説明が!

そんなこんなで調べていたら、なんと雪印メグミルクさんの公式Twitterで読み方についてツイートが!

あと先日朝ドラでたまたま映ったチーズが「ロップチーズ」だったようで、それに対して投稿しています。

 

また、こんなTwitterも…。

私と同じで読み方についてツイートしてますね(笑)

いろいろ調べていると
「ずーっとロクピーチーズだと思っていた」
という人や
「ロッピーチーズと思っていました(・д・oノ)ノ」
という人がいたりして、皆さんの認識はバラバラ…。

我が家では子供の頃から「ロクピーチーズ」と呼んでいたのでそれが当たり前だと思ってましたが、家庭や地域によって違うんでしょうかね~?

まとめ

という事で、「6Pチーズ」の名前や歴史について調べてみました!

完全に個人的な興味で調べてみましたが、ふだん食べてる物なので調べてて楽しかったです♪

皆さんの、ちょっとした話のネタになったら幸いです(;´∀`)

今回もお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です