【我々が行動できるのは現在だけである】マズローの言葉から考える人間の「意欲」と「欲求」

スポンサーリンク

どうも、まるすけです。

プロフィールにもある通り、私の仕事は「障がい者の生活介護」です。
食事やトイレ、移動時の介助など、日常の生活における支援をさせてもらっています。

そんな福祉の仕事ですが、何年やっても日々新しい事を経験します。
まぁ福祉に限らずどんな仕事でもそうなのかもしれませんが(^-^;)

さて、今回のタイトルにある
【我々が行動できるのは現在だけである】
という言葉は、色んな本を読みながら福祉の勉強をしている時に知った言葉です。

アメリカの心理学者マズローの言葉で、有名なので知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回はそんなマズローを中心に、自分の仕事である介護や人間そのものについて考えていきたいと思います。

ご興味を持たれた方はご覧ください♪

マズローってどんな人?

アブラハム・ハロルド・マズロー(1908~1970)はアメリカの心理学者。

人間の肯定的な側面を強調した「人間性心理学」を提唱し、その分野に哲学・倫理学を打ち立てるという試みを行いました。
これは「ヒューマニスティック心理学」とも呼ばれます。

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物」
とし、人間の欲求を5段階のピラミッド型に分けて説明しました。
これを「マズローの欲求5段階説」と呼びます。

マズローの欲求5段階説

この説を図で表すとこのようになります。

5段階を下から見て、土台にある
①生理的欲求(呼吸・睡眠・飲食・性などの欲求)
②安全欲求(身体の安全や健康に対する欲求)
【基本的欲求(一次的欲求)】と呼ばれています。

そして、その上にある
③所属と愛の欲求(集団への所属・愛情に満ちた関係への欲求)
④承認欲求(認められたい・尊重されたい欲求)
⑤自己実現欲求(持っている能力で自分を成長させたい欲求)
【社会的欲求(二次的欲求)】と呼びます。

人間は①②の【基本的欲求(一次的欲求)】が満たされると、③④⑤の【社会的欲求(二次的欲求)】を求める気持ちが生まれる、という説です。

確かに、自分の身に置き換えて考えてみると当てはまりますね( ゚Д゚)

介護の世界でどう活用するか

さて、この5段階欲求を生活介護の現場ではどう捉え、活かしていくか?

これは先ほどの「基本的欲求が満たされて次の社会的欲求を求める」という意欲を、利用者さんが持ってもらえるように支援する事が大切なんじゃないかと思います。

まずはしっかりと「睡眠」「食事」「安全な環境」といった基本的欲求を満たす。
それから「人と関わりたい」「認められたい」「成長したい」という社会的欲求への意欲を高める。

自分の身に置き換えて考えれば非常にシンプルですね。

ただその中で忘れてはいけないのが、あくまで【主役は利用者さんである】という事。

これ、残念ながら実は忘れがちな事なんです…。

介護を必要としている人の中には、自分の欲求をうまく伝えられない人もいます。
そうするとつい、身体の機能的な部分だけを見て、介護職の見立てや思い込みで支援を行ってしまう。

そこには利用者さん本人の意思はありません。
誰だってやりたくない事をやらされたら嫌ですよね…(-_-;)

何かをしよう!という【意欲】は【欲求】から生まれます。
その気持ちを損なわせないよう、工夫しながら支援していく事が必要なんだと思います。

マズローの言葉

そんな人間の欲求の仕組みと、自分の仕事について考えていた時に今回のマズローの言葉に出会いました。

この言葉、全文はもう少し長いので紹介させていただきますね。

過去について後悔することも出来るし
未来について心配することも出来る。
しかし、我々が行動できるのは現在だけである。
今、この瞬間を生きる能力は精神的健康を支える上で
欠かせない要素である。

過ぎてしまった事を後悔してもその事実は変わらない。
同じように、これから先の事を心配したところで未来の事は分からない。
大切なのは「今、どう行動するか」という事ですね。

…と、分かっていてもつい考えてしまうのが人間なんですけどね(^-^;)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最初に書いたように、どんな仕事であっても日々新しい事を経験します。
その中で何かミスをしてしまったとします。

そうなったら「後悔」するのではなく「反省」してみてはいかがでしょうか。

後悔は「してしまった事について後から悔やむ事」ですが、反省は「行動を振りかえってそれで良いか考える事」です。
そうすると「そうか!あの時はああやって行動しておけば良かったんだ!」と、次どうするかの考えが出てきます。

それこそ【我々が行動できるのは現在だけである】という事に繋がるのではないかと思います。

毎日の中でそんな反省を繰り返し、「意欲」を保ちながら少しずつ成長していければいいですね♪

今回も、お読みいただきありがとうございました_(._.)_


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です